ラフィールの雑記

ブレードランナー2049観た

先日、時間を作って『ブレードランナー2049』を観てきました。

オリジナルは1982年作、その続編と聞いたら観ないわけがない。
当時公開されたときに行ってダダ嵌りした映画です。

何回も観すぎて様々なバージョンまでチェックしてはや幾年ww
途中で大ファンになったラルクさんがシングル「NEXUS4」を出した時も
即座にブレラン好きなんや~と親近感湧いた覚えアリ。
NEXUSって映画に出てくる人造人間レプリカントの型番なんですよ。
オリジナルはNEXUS6型、2049はNEXUS8型が出てきて
ラルクさんは4型だからより初期の型かなとか妄想してましたー^^;

あ、今年のハロパでYOSHIKIさんの仮装が流れてきたら、あら!プリスだ!と
すぐわかっちゃうくらいのオタクぶりなワタシ(笑)
レプリカントのプリスはかわいかったの^^

んで。。

2049です。
いやいや素晴らしい出来でした。
前の映画の設定が2019年。その30年後の世界が舞台です。
環境破壊によってずっと酸性雨が降り続けるアメリカの巨大な都市、
街の描写のネガティブなイメージはその後の映画に多大な影響を与えてます。
そんな世界の宇宙開発はレプリカントの労働力で成り立っている。
人間と見分けのつかないレプリカントの反乱が話の骨子なんだけど
ビジュアルが素晴らしくって圧倒されます。

前作の続きの設定なので前の主人公R・デッカード(ハリソン・フォード)がそのままの役で出演というのも嬉しい。
今回の主人公レプリカントKが人間にとっても大事なもの、自分は誰なのか、どこから来たのか(精神的にです)を探す話なんですが、テーマが前作を受け継いでブレていないのも良かった。

どこかで観た評に「この映画は観る映画ではなくて読む映画である」とあって
その通り!と思いました。

あ、VR(ヴァーチャルリアリティ)のジョイがすっごくかわいいんです。
もしかして一番人間らしい心を持ってたんじゃないだろうか。
Kのために自己犠牲を払うし、Kへの心配の仕方がリアルに心を持っているよう。
でもVRなんです。AI(レプリ)とVRの恋なんてすごいテーマですよ。

ラスト、Kが雪の降りしきる階段で命を閉じる時にかかる曲が前作で
ロイ・バッティが命尽きるシーンにかかってた曲で感動!

元映画をリスペクトしつつ、新しい映像でこれでもかと見せてくれる2049は素晴らしかったです。

レプリカント(人造人間)なのに感情を持ってて植えつけられた記憶を本物と思っていたらそれって人間とどう違うの?
人間らしさって何なんだろう?って考えると更に深く映画を読んでいける。

後、変にリアルに現実とリンクしててですね。
LAが大停電ブラックアウトになったという歴史が語られるんですが
この詳細を3つの短編にして事前にYoutubeに公開してて観てビックリでした。
停電の原因が成層圏での核爆発ですよ。
ほら、半島の北のでぶい独裁者がミサイルで計画しているというアレ。

短編では起こった時の顛末が描かれていて、電力がなくなるとあんな悲惨なことになるのだと実感して怖かった。
現実に起こったら・・・つまり対象地域を動いているもの、飛行機、電車、車等が止まると想像したら・・
画面でスピナー(空飛ぶ自動車)が制御不能になって空から地上に落ちてくる様は現実考えて恐ろしかったです。


ドゥニ・ビルヌーブ監督が次に予定している映画が『DUNE』だそうで。
L'ファンの皆さん、ラルクの「DUNE」はモチロン「砂の惑星:DUNE」(F・ハーバード)からオマージュされた曲ですよ。
いや、タイトルだけかもしれないですがね^^;
小説は面白いので機会があれば読んでみてね。
因みに最初に映画化(D・リンチ監督)された時にはスティングが出演してるのよ。

そうそう、2049の中にお気に入りのシーンがあって。
敵というか、戦う相手のLUVっていう美人レプリカントがいて。
衛星画像を観ながら数十メートル単位の指示を出して地上にミサイルを投下していくんですけど
なんと部屋の中で右手にネイルをしてもらいながらなんですよ。
これも今の戦争でありうるよねって思いました。
恐いことですけど。。


わあ、なんか支離滅裂に感想書いてるわ。
とにかく私にとっては今後何回もヘビロテして観る映画になりそうです。



PageTop

ACID ANDROID  LIVE 2017 #2 @UMEDA BANANA HALL 11.11.2017

放置していると新しいパスワードにしろと言われる。
前回それを受けて変更したせいで、今回入れなかったわ。
変更したことすら忘れてたということ。。

またまた久しぶりです。

昨日ACIDANDROIDのライブに行ってやはり素晴らしかったので
感想だけは残さねばと記すことにしました。

個人的な感想だけなので詳しいのはいろんな音楽レポでチェックしてください。

整理番号200番台で入って上手に待機。
バナナホールは狭いことはわかってましたがステージも低い!
バックライトに照らされて浮かび上がるシルエットが大きいというか近いの^^
そして見えたお顔が!
アイメイクバッチリじゃないですか☆
かなり目の下あたりも黒く入って瞼にもアイホールを強調するようにがっつり。
みとれていたらわあああぁ~~!!首を上まで覆う黒レース!!!!
貴婦人のドレス襟だーー!!
袖もシースルーの黒レースでしかも手の甲を指近くまで覆う長さ!

美しいです^^
yukihiroさんは自らスタイリストと聞いているので、これを選んでいるときの様を想像するだけで萌えてしまう^^

黒レースに半袖の黒のチュニックみたいなのを着てて下半身は人の頭で終始見えなかったのですが
スカートにニーハイブーツだった模様。
この衣装を選んでいるときの様を想像するだけで・・以下略www

レッツダンスで始まりです。
ああ、7月ぶりのACIDだあ(///▽///)

ん?あれ?
なんか少しテンポが抑え気味??
ライブが進むにつれてそんな感覚が強くなりました。
勢いで突き進む暴力的な音の攻撃から聴かせるようなアプローチになっている気がした。
勝手な勘違いかもしれないから確かではないですけどね。

やっとタイトルのわかった新曲roses、ashes、まだタイトルのわからないよく聞く新曲(笑)
そして私にとっては初聴きの新曲、それらを入り交えて鉄板曲が次々と繰り出されます。
特に初聴きの曲はすっごく気に入りました!
ニューウェイブ感があるのにポップな要素もあって細かく刻むビートでダンサブルでもある。
歌詞(新曲はほぼ日本語詞)で何回も聞こえてくる「瓦礫に降りていく、降り立つ」の言葉が耳に残ります。

この曲聴いているときに思い出したのがブレードランナー2049のワンシーン。
あ、ブレラン2049を観に行ってちょっと頭の中がブレラン脳になっててですねwww
また、ブレランだけでブログ書きたいので置いといて(笑)

映画の中ですごくスタイリッシュでカッコいいシーンがあってこの曲の雰囲気に合ってるなって思ったのでした。
瓦礫がキーワードかな。


そうだ!
大事なこと思い出した!!!

yukihiroさんが動いた!!!!!
上手へ下手へ!!!!!!

渋谷で動いたとは聞いていたが目の前でやられるともう興奮のるつぼですよ!
センターからほぼ動かない、MCがない、アンコールがないの無い無い三拍子ですからねw
動いた途端のフロアの歓喜の熱気たるや・・思わずこぶし振り上げて巻き込まれに行くという^^;
一緒に横で観てたRさんから気づいたら私の前のほうにいたと言われました(///▽///)

後、ギターもドラムも生音がいい感じでライブを形にしてて良かったです。
ギターの音が後半で高音が聴こえにくくなってて残念。
まあ、ライブは生き物ですからそれも全然OKです。
そのおかげで作り込まれたシークエンスがそれを感じさせないほどの完成度であることに気づかされて更に感動しました。

ライブ素晴らしかった!
これでしばらく生きていけるとホントに思った^^

なんせVAMPS神戸を仕事で行けなくなって、幕張のハロパも参加しなかったから
ライブロスが起こってたのだよ(笑)

私のテンションをあっという間に上げてくれるyukihiroさん、マヂでwww

終了後はmmさん、Sエルさんとご飯してライブの余韻を語り合いました。
これも楽しいよね^^

次は幕張、HYDEさんの黒ミサに行きます。
23日だけやけど、行かれる方よろしくです。

追記で拾ったセトリ

続きを読む

PageTop

VAMPS LIVE 2017 @ZEPP大阪 bayside 2017.07.26

最終日です。
この日が一番悪い番号。1200番近い。
始まるまでHみゅんさんたちとグッズ売り場前で涼むww
そこへひっさしぶりのRみ~、Dりが来てご挨拶」です。
グッズのチョコ買っちゃったよw
安定のハズレでしたぁ(笑)
しかし、チョコは食べないので後日中身だけ人にあげた^^

昨日まで良いポジションで観られたので
敢えてロッカーに荷物全部預けて前のブロックに入り込みました。
下手と一瞬思ったけど、やはりカズさん側で落ち着く。
開演前のドッとした押しにも耐えて踏ん張りましたw

UNDERWORLD始まり。
新しいアルバムの為のツアーだからこちらの方が馴染むわ。

カメラが入っててどこかでまたライブ映像の公開をしてくれるのを期待する。
途中でハンディカメラがフロアに入ってきましたが、
ギュウギュウすぎて「これ行けねえなあ」とつぶやきながら、でも分け入ってました。がんばれ!

REDRUMにLIPS演ってくれた!
激しい曲は新しい曲にも馴染むね。

ツイッターでバラの花を百本だか2百本だかプレゼントしたとつぶやいてて
目出度く、バラはHYDEさんの手によってステージからばら撒かれました。
大量だったよ。
たくさんの人が花弁や茎まで手に入れてました。

終了後はRみ~、Dり、Aりゅたちと落ち合って西九条で打ち上げました。
会うのは2年ぶり?で嬉しかった。
いつも待ち合わせなくても会えるねって言ってたのに
去年はタイミングが合わなくて会えなかったのよ。

楽しく飲んで、さて帰ろうと大阪駅まで行ったら、なんと!!!
電車の運行が止まってるじゃないですか!!

架線事故があったらしく、新快速は完全に運転打ち切り。
かろうじて各停の京都行きが動いててそれに乗り込む。
この時点で深夜12時前。
途中の駅で向かいに停まっている電車が先に発車しますと車内アナウンスがあったので
そっちの車両に移動したら、その電車の車内アナウンスが
向かいの電車のほうが先に出ますと言うの。
いったいどっちやねん!!!
情報がかなり錯綜して混乱してる^^;

結局元の電車に戻って待機。
すると、病人が出たらしく救護活動でまた遅れる。
結局、京都にたどり着いたのは夜中1時半をまわっていました。
しかし、私の最寄駅は京都の一つ向こうの駅なのよ。
一駅とはいえ、間に東山があって遠い。
タクシーは長蛇の列だったけど、振り替え輸送証明をもらわないことを選択して
早い順番でタクシーの乗れて帰りました。
帰宅は2時でした。

最終日で暴れ倒してライブ参加した体にはきつかったぜ><;
なにがやだって、翌日駅に駐輪した自転車を取りに
炎天下のもと、30分歩いて駅まで行ったこと。
辛かったーーーwww

ライブ最後にしれっとアリーナ公演の告知をしてくれてみんなビックリでしたよ。
でも時期が。。。
あれ?
ハロウィンはどうするのかな?
値段がねえ。。
ミート&グリードの高さったら!
でもまあこれくらいが相場か^^;

8/4時点で申し込みが始まってますが、ちょっとパスかなあ。
近づいてきて行きたくなったらなんとかします。

以上、簡単レポ。
4日間楽しかったです。
MCとか衣装とかはSNS他で皆さん上げてくださるのでここでは書きません。

次はまた来年かしら。
その時は皆さんよろしゅうに^^

追記でセトリ




続きを読む

PageTop

VAMPS LIVE 2017 @ZEPP大阪 bayside 2017.07.25

一日おいて、VAMPS大阪3日目。

知り合いが少ないなあって思ってたら唯一ソールドアウトしていない日だったのね。
平日だし、最終日でもないしね。
でもMコトさん、Cリーちゃんに会えたよ^^

整番は600番台。
どの辺で楽しもうかと思ってたら3柵目くらいの真正面のバーをGET出来ました。
前には背の高い人もいなくて、終始全開でステージを拝めたので満足。
押しもなくなんて平和なんだ。
(あ、2日目も同じこと言ってたwww)

始まる前の映し出されるカウント文字が1分前くらいから
遊ぶようになってた。
6が崩れて別の形になったり、全体に歪んだり、上下に伸びたり。
飽きなくてよいわあ。

幕が開いて、なんと今日はミッドナイト始まり!!
懐かしい感じだ。
シニンジャスティスも前半で演奏。
デビサイ、AHEAD、ジョリロジャ、スイートドリームスと日本向けの古さを感じるセトリ。

そんな中で初日からも感じていたのが音。
重たい曲は明らかに音を足して分厚いサウンドにしてるよね。
ドラムの手数があれ?多いぞ?とか。
ベースラインが分厚かったり、バスドラ音が聞き覚えのあるCDの音だったり。
今まではそこまでしてなかった気がする。
私はこのやり方好きです。
聴いてて満足出来たし^^

アンコール明け、HYDEさんはまさかの2階席に登場!
以前はよくやってたよねえ。
それもあって、この日のライブは懐かし感が一杯だった。
ペットボトルの水、3本も撒いて3本目は2階席に投げてた。
曲が終わるまでにステージに戻れなかったってぼやいてたなw←HYDEさん

ラストはライズアップで締めくくり。
この曲も心情を訴える感じで海外向けと日本向けの中間くらいの曲調。

終わって、出待ちするというCちゃんと別れて帰路につきました。
楽しかったです^^


追記でセトリ

続きを読む

PageTop

VAMPS LIVE 2017 @ZEPP大阪 bayside 2017.07.23

2日目。

この日は整理番号が800番台なのでゆったりと。

始まるまでUSJのほうでお茶してました。
久しぶりに会う人たちと楽しく^^
店内ではVAMPSのPVがかかってて気分が上がります。

会場前で2日続いておMさんとばったり。
順番が来るまで話してた^^
ありがとう。

会場入ってこの日はジューケン側のフロア一番後ろのバーを確保。
遠いけどよく見えましたよ。
ただ、やはり後ろはスカスカしてて余裕があって初日よりも汗かかなかった。
曲調の所為か、モッシュやサークルしている子を見かけなかったな。
ダイバーは一杯いたみたいやけど。
後ろは静かで平和~~。
汗かいて空調でまた冷えそうになったのでむりやり体動かして身体温めてたw

セトリは1日目と違ってシニンもエンジョイもなし。
代わりにZEROが^^
そして、まさかのエバグリ!!!!
金子先生のお誕生日ということで、先生が特に好きだったというエピソードを紹介して
エバーグリーンのディストーション版を演奏。
衣装も81°キャップにセットアップで可愛らしかったです。
歌声が素晴らしくってですね。
ファルセットに変わるときの声の出し方とか色っぽくて最高でした。
中央のスクリーンには金子先生の肖像写真が」掲げられて
曲の終わった後に軽く一礼するHYDEさんを見て、大事な人だったのだなと思いました。
ギターも特別に作ってプレゼントされた先生の絵が描かれたものでした。
あの絵、私も大好きなものだ。
HYDEさんが所有されているんですね。

ラストはSBRRで締めるのがお決まりになってるのね。
今回のライブは観客も歌うところが一杯あって一体感があって楽しい。

終了後はお知り合いにご挨拶しながらまっすぐ帰りました。
翌日は一日忙しいので備えて早めの帰宅にしました。

以上簡単レポです。

追記でセトリ

続きを読む

PageTop