ラフィールの雑記

かの嘘を読んでの妄想話

こないだ、かの嘘の最新刊が出ていたので娘が買ってきて読んだ。

このコミックはなんかとってもリアルな話で、読んでいるほうはドキドキしちゃうんだけど。
最新刊は、心也が地方公演をすっぽかして代わりにプロデューサーのアキがステージに立つ話。

ま、実際にはなかなかそんなことないけど、アキはデビューが決まった時
お前のベースは下手だから、当て振りするからと言われてバンドを脱退するのよね。
でもコンポーザーとしては素晴らしいから楽曲をすべて作ってプロデュースするの。
で、当て振りに選ばれたベースマンが心也で彼はデビューからバンドのメンバーとして周知されるわけ。

バンドはビッグになり興業的にも成功してって内容なんですが。

なんつうか、成功するためにはお前らの音(技術)じゃ到底ダメ、
でもオリジナル曲は素晴らしいから売れる判断で当て振りするって設定は
本当にあるのかなあ^^;

いや、なんでそんなことを思ったかというと。

ほらてっちゃんライブで初期ラルクしましたやん。

当時、インディーズのラルクの窮地を救ってくれたのが今の大石社長なんだけど
「DUNE」のインディーズのアルバムを録りなおすように言ったのも社長だったと聞いてます。
そしてドラムとギターを替えろとも。。

そのドラムとギターがてっちゃんライブでステージに上がったわけです。
まあ、こないだライブで聞いてて、もう20数年も経っているし
それなりの音楽活動をしていらしたとはいえ、やはりアマチュアに毛が生えた音に感じたんですよ。
同窓会ノリで遊びでやる分には全然構わないのですが
やはり、メジャーで一度一線に立った経験の人とは比べられない。

や、良いとか悪いとかは言ってないです。
結果今があるからそれは構わない。

かの嘘読んで想像したのが、当時の大石社長になんか大きなビジョンがあったのかなあって思ったわけです。
ラルクが売れるものになるかもと期待があって、でも金になるにはこの音じゃダメ
コンポーザーとしてのHYDEとてっちゃんは要る。
そんな計算があったんじゃないだろうかとおもっちゃったんですね。

てっちゃんは常々プロになる気もなかったと言ってますが、その頃自分たちのことをどこまで客観的にみられてたんだろう。
社長はラルクを手に入れて、大きな夢を持てたんじゃないかって思った。
ロックとしてメジャーになること、オリジナルなカラーそのままで世界に出ていくこと、
そして日本のバンドとして世界のチャートでヒットするという事。
当時だったら夢のまた夢物語だったろうけど、ラルクの音を聞いてその夢を追いかけられそうな気がしたんじゃないか。
その為には才能は残さなくてはいけないし、凡才は淘汰をしなくては夢実現できない。
けんちゃんになったのはコンポーザーとしての腕を見込んだんじゃないか?
さくらはHYDEの歌唱のグルーヴに合ってたからOKだったんじゃないか?

わたしのもうすっごい勝手な妄想ですが(笑)
かの嘘読んだら全然妄想が止まらなくなって、ちょっと書き記しとこうと思い立ちました。

以上、何度も言いますが個人的なたわいもない戯言です。
事実を知っている方がこれ読んでそれは全然違うよと仰るかも知れませんが
もちろん承知です。

私の当時の認識というと、あれ?ギターとドラムが変わったのか。あ、きっと就職とか堅気を選んだんだな。
代わり見つかってよかったやん。メジャーデビュー出来てめでたいわ。くらいのものでした。
で、アルバム「DUNE」を聞いてテープなんかと全然違ってよい出来に喜んだ記憶がある。

あかんわ。あまりにも妄想過ぎて笑えますが。
ま、今のラルクがあるのを本当に幸せに思っているのは確かなので許してね

追記で拍手コメント返事

続きを読む

PageTop

いろいろな予定

前の記事をたらたら書いてたら、まさかのラルクライブ発表!!!
一瞬にして血が滾りw 迷わず申し込みました。

夢洲でどんな感じになるのか心配ですが、運を天に任せて臨みます。
お隣の舞洲では毎年サマソニが開催されていますが、
あっちは丘があって地面の起伏もあって樹も植わっているし芝生もあるし
なのに毎年過酷なんだよ><;

平地の夢洲でどれほどのホスピタリティが準備されるのか不安です。
あ、でも。だから全席指定なのか!!
席に着くのは直前でいいものね。みんな体力強化に励みましょう。

行く気満々です♪

行くといえば。。
tetsuyaさんのFC限定ライブのチケット取りました。
難波ハッチであるし、なによりてっちゃんで少し癒されたいww
てっちゃんのライブは終わった後に本当に幸せな気持ちになるのよ。

7月23日ですが、翌日にはホテルニューオータニでブランチミーティングも行われます。
これは悩んでたけど、遠征に金かけるくらいならこれもいいかなって申し込みました。
当たるかどうかはわかんないw

で。ですね。
当たるといえば。。

なんとVAMPSチャンス(封入特典)に初めて当たりました。
常に待ち受け画面が通常だったのでもうびっくり!

サインセッションツアーだそうです。
全国5ヶ所で各会場100名ずつ計500名。
10月なので一瞬ハロパ会場か?と思いましたがそれでは5会場の差ができるので
別物と信じてます。

そんな興奮の中、VAMPSのBD映像見たらごっつい良い出来で、
また感想書きます。

そんな感じ。

PageTop

言葉にするって難しい・・・な。

前記事に思いもかけずたくさんの拍手を頂きましてありがとうございます。

いろんな思いがありますが、、うん。。



エバラスと同じようにVAMPSのEVILやDAMNED、REPLAYにも感じられるというご意見も頂いたり、XXXが書かれた時期が時期なのにあの世界観はどうなんだろうというご意見もありました。

HYDEさんはひとり。
紡ぎだされる言葉は同じ個人から創られるので言いたいことは同じ。
創作者はいろんな形にして表現していくから、受け止める方の想像力も拡がっていくのでしょうね。

HYDEさんが歌えなかったり、楽器が弾けなかったりしたら素晴らしい小説を何本も執筆しているだろな。
話の要素になるネタを俯瞰的に見る力がとても強いように感じます。

例えが変かもしれないけど【食事をする】という要素を拡げようとしたら
誰が?どこで?何を食べる?くらいの想像はだれでもできるけど
視点は?を付け加えると1人称か2人称か3人称で表現が変わってくる。
更に1人称でも食べる人、見てる人、もっと言えば食べられてる物やお箸やフォークや食器を主語にして
【食事をする】を語れるかは力量を問われます。

フォークがあ、この肉柔らかいとか食べる人の口の中をあ、虫歯がある!とか発見したりしてねw

HYDEさんが描く世界はそんな風に想像力をうんと熟成させて生み出されたものなのだと思います。
そしてお仕事ですからL'向け、V向けの棲み分けも無意識にしていると思う。
ご自身、そんなにわけて考えてないと仰ってますが、意識しなくて自然にできるくらい身についてきたんだと思います。

あら、、話が少しとっ散らかってきたwww


前記事で語ったようにHYDEさんの中にも全ての人の中にも要素としてアレはあって
それを表現者として表したエバラスやEVILやREPLAYその他の曲に
百者百様の受け取り方があるのだと思っています。


さて。

日常はというと。

夕方からパートに行ってるんですが、うちの店って今7店舗あるんですよ。
7店舗めが去年12月にOPENしまして、再開発大型ショッピングモールの一角なのでまあ初日からてんやわんやの大騒ぎ^^;
入場制限をかけないと客が捌けないくらい盛況だったけど、年を明けて漸く落ち着いたみたい。

と思っていたら!
昨日、店長から明日新店舗へ応援に行ってくれないかと要請されました。
えっ?私明日は夕方から閉店までここでシフト入ってますよ?
そっちはなんとかするから、あっちの店、午後からレジ係が一人らしいんやとのこと。
・・・・?ん??んんん????
一人て何????

あの、、うちの3倍の床面積の店で日曜日ですよ?
なんでそんなことに・・・・・><;
インフルにでもなったんか・?

あ、結局現時点で電話ないからなんとかなったんだろうと思いますが^◇^;
一体どうなってんねん??

別に手伝うのはかまへんけど、午後から人がいないっていうことは午前中は足りてるんだよね。
どうしてその午前の人に延長頼まないのか、わけがわからん。
新店舗の担当者(店長?)もなんでもかんでもよそに頼るなよ!!

新店舗まで車で40分くらいかかるんだよ。
ということで、きっと誰か駆り出されているんでしょう。
ご愁傷様デス^^;

ああ、なんて文字ばかりの記事なんだ。
もっと軽い話題で記事書けるように頑張ろうか(笑)


追記で拍手お返事
あ、コメント欄へも返事しました。

続きを読む

PageTop

国立映像観ました。

今日は時間があったので国立BDを観ました。

BDってやっぱりきれい^^
もっと良い画面で見たらいいんですが、BRAVIAぐらいではそこそこ。

いやあ!
国立のあの場所をしっかり思い出しました。
OP映像なんて遠くて何がどうなってるかよくわからんかったから
しっかり確認できて良かった。
しかし、yukihiroさんの登場シーンめちゃかっこよかった!!

hydeさんの服のバランスが微妙。
でも声は素晴らしかった!!!



え~っと・・・。
上記の記事を書いてから1週間が過ぎました^^;

ホントに前はちょっとずつでも日記書いて上げてたのに
書きかけで放置するなんて如何にブログに気持ちが向いてないかわかろうというもの。
だからってツイッターにつぶやくこともないんですがね(笑)


気を取り直して。。

いや、国立映像は素晴らしかったです!!
やはりL'が好きだなあ。
どこを切り取っても一瞬にして心を奪われてしまうのはファンだからですね。

12月に公開されるドキュメンタリー映画をファンじゃない家族と観に行こうとしているのですが、果たしてどんな感想を言うのか気になっています。
私がファンだからと言ってヨイショして褒めることは絶対にしないので
それが気持ち良かったり楽しみでもあったり^^
いちまんえんチケットを手に入れて、L'を知らないプロパーな友人と行こうと思ったのですが、半券が手元に残らない可能性があるので、娘&息子を誘っていくことにしました。
二人ともL'を嫌いってわけでもないし、改めてうおぅって感心してほしい気持ちもあってね。
12月に入ったら席の確保に行かなくっちゃ。


あ!
たった今VAMPS大阪のチケットが配達されました。
Vで取れたのは12/6,12の2回。
6日は整番4ケタ^^;12日は整番100番台!
メリハリのきいた番号振り分けですねw

この一週間でVモードに気持ちを切り替えて行こうっと。
リハビリの待ち時間にイヤフォンで聴いてたら何聴いてるの?と看護師さんに聞かれました。
んで、イヤフォン渡して聞かせたらまるでわからんって顔されたwww
ちょうどZEROが再生されてたんだけど興味ない人にはわかんないでしょうね。
私がカラオケ教室とかの演歌の曲を練習するために聴いているのかと想像してたみたい。

いくら年寄りが集まるリハビリ室だからってそれはいくら何でも・・・(笑)。
そんな感じに見えているなんてどんだけ疲れた表情してたんでしょう。
気を付けなければいけません。

年寄りといえば(あ、特にそうというわけじゃないけど連想したのでw)
ちょっと前に目にしたMCIスクリーニング検査。
MCI(軽度認知障害)の検査が簡単な血液検査でできるようになったらしい。
これはアルツハイマー認知症の原因であるアミロイドベータペプチド(AβP)というたんぱく質が
脳に蓄積することで神経細胞に障害を与えて発症することが解明されたことによって
できるようになった検査です。

つまり発症する前からどれだけ蓄積しているかがわかるので
発症予測が立つわけです。
血液を採取してしてから10分で結果が出るってすごくないですか?
それでアルツハイマーが発症する20年前に発症予防の準備が始められるんですよ。

まだまだ準備段階で検査できるところが少ないけれど
早く健康診断の一環として簡単に安く検査できるようになればと期待します。

あ、そういえばこの検査が出来るのも、2002年ノーベル化学賞を受賞した
田中耕一さん(島津製作所)が装置の性能を格段に上げることに成功されたおかげなんですね。
すごいなあ!
LEDもそうだし、世の中を変えるくらいの発明が日本から出ていることに感動してしまったのでした。


追記拍手コメントお返事<激遅;;

続きを読む

PageTop

VAMPSチケット発券。。

VAMPSの大阪追加公演(12/2,3)の発券をしてきました。
知り合いのブログを読んでハッと思い出すというww

発券順で整理番号が決まるとしたら早く行かなきゃ!!
ってわけで発券開始日から3日目に行ったら整理番号100番台。
早いもの順としたら確かにこんな具合かしらん。

なんとか自分の好きな場所を陣取れる番号だわね。
あ、もしかして追加ってV番号もあったっけ?
そしたら全然無理やけど(笑)

BLOODSUCKERSは今のところ5回は聴いたw
ほぼ流し聴きです。
前回のアルバムよりは良いよね。
まあ、進化してるのは当たり前か^^;

少しライブが楽しみになってきました。


代わってL'さん。
映画のチケットの情報が新しくなってました。
いちまんえんチケットGETしに行きます。
VAMPS大阪の最中の公開期間なので忙しくなるかな。
こちらはとても楽しみ~~^^

PageTop