ラフィールの雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

VAMPS写真展&VAMPSLIVE2014 LONDON(WORLD DCUMENTARY)

ツイッターでもつぶやきましたが、バイトの休みのせいで私の休みがなくなり
怒涛の11連勤を終えた翌日、VAMPS展に行ってきました。
それも仕事の合間を縫っての強行観覧。

朝8時に家を出て、奈良[桜井]→八尾→都島→心斎橋→難波→八尾と大移動しました。
でもミッションは全て達成!
最後は久しぶりの友人と飲みました。
楽しかったーー☆

で、VAMPS展ですが。。
今週は行く前にライブBDが到着してて、それを観てから行ったので
映像にそんなに嵌らなかった^^;
飾られてた写真も写真集からの抜粋?
迫力はあったけどまあそれなりだったなあ。
あ、1枚だけすごく好みのK.A.Zさんがあってしばらく眺めていました。
HYDEさんのNYでのあの恰好・・・。
おひきずりのコートはもうちっとなんとかならないものなのか・・笑。

メッセージカードを書くコーナーもあって、一杯貼ってありました。
書きませんでしたけど^^;

30分で十分堪能しました。
あ、土曜日の夕方だというのに会場はガラガラでした。。
あれでは厳しいかな。
ショップでは写真集もアイフォンケースもたっぷりありましたよ。
私はファイルとガチャを1回、HYDEさんのバッヂが出たので
最後にご飯を食べた友人へのお土産にしました。
たぶん行かないって言ったのでね^^;
クリアファイルは仕事で使おうw

ライブBDなんですが、ロンドンは十分盛り上がってましたよ。
しかし、新曲がないっていうのはこんなにも興味が半減するんですね。
もしかしたら棚に収まって当分観ることはないかも。
興味がないという同じ理由で写真集は買いません。
いままでのも買っても本棚の肥やし状態ですからしょうがない。

次にVAMPSのことを気にするのは新アルバムが出たときになるかもです。
あ、その前にシングル発売でしたね。
既に何回も聴いてて、発売のころに飽きていませんように祈ってますwww

さて、もうちょっと仕事頑張るぜ!(笑)

スポンサーサイト

PageTop

チケット発券してきたーー\(^o^)/

わああーー!!!
なんと2週間近く更新してなかった@0@!
びっくり~~~

この間にVAMPSのロンドンライブが終わり、やまちゃんねるの生中継が終わり
あ、逆か^^;
ロンドンプレライブの生中継が終わり、本番のロンドンライブも終わりww
HYDEさん達は香港で撮影中・・・も終わったか^^;

ロンドンのレポを読ませて頂いて、新人ながら逞しくライブを成功させたんだとわかってホッとしました。
時間切れでラストの曲がブチッとカットされてみたいで
あちらは時間に厳しいんですね。
午前0時をまわったら音を出すのは厳禁なんですって。
じゃあ、しょうがないよね。
なんで押しちゃったんだろう。
次の機会には是非最後まで演奏出来るようにしてね。期待してます。

ライブ前のインタビューが聞けるみたい。→ココ
HYDEさんの喋り方が可愛いんだよ^^
出身はどこ?って聞かれて和歌山って答えるんだけど
遠いイギリスで和歌山の認知度があるとは思えないww
K.A.Zさんは富士山の傍の山梨って答えてわかりやすかっただろうけどね。

HYDEROOMのハイッターwでいろいろ情報を流してくれてますね。
HYDEさんのコメントもすぐ読めるように飛べたらいいんだけど
HYDEISTのBBSの血文字もちょっと見逃すと探すのが大変だったものねえ。
そういや、HYDEISTはもうあのまんまなんだろうか?(ちょっと残念)


そうそう、タイトルのチケットはアルコーヴVol.7の分。
やっぱり手に入れちゃったよ、オールナイトイベント^^;

終わったら始発の新幹線で京都へ帰って、10時半からの会議というか
お勉強会にでなくちゃいけないんだけど、なんとかなるだろう。

gssでは動かないけど、acidでは動きます。
参加される方よろしく☆彡

PageTop

ヤッターーー!!ニコ生中継だ!・・でも仕事^^;

全く行けないので完全スルーしてたVAMPSのプレライブ。
さすが、やまちゃん!
ニコ生で中継してくれることになったようです。→ココ

その日は朝からずっとVAMPS特集。合計666分かけてくれるんだね^^
しかし。私は中継の時間はがっつり仕事中><;
しょうがないのでタイムシフト予約しました。
帰ってから楽しむことにします。

もう一つ、スルーしてたVAMPS写真展。
なんと大阪でもやってくれるみたい!!→ココ
書いてあるのがグッズ一覧の下なのでわかりにくいです。

写真展「VAMPS 13」 Photography by TAKAYUKI OKADA

会 場 : 大阪アメリカ村 心斎橋BIGSTEP B1 GALLERY
      (〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-6-14 BIGSTEP B1F)
期 間 : 2014年6月21日(土) -2014年7月6日(日)  11:00~20:00
入場料 : 一般 1,000円・学生 800円 (小学生以下無料)
       ★オリジナルタブロイド付 ※有料入場者対象
主  催 : BIG STEP / パルコ
企画制作 : VAMPROSE
協  賛 : 東京リスマチック

お問合せ : 06-6258-5000(ビッグステップ)
http://big-step.co.jp/event/detail/171/


さて。
前回の記事に思いもかけずたくさんの拍手頂いてビックリしてます。
昨日確認して、えっ?なんなの?いつもは一桁の拍手なのにってww
(あ、いつも拍手いただく方、本当にありがとうございますm(__)m)

改めてツイッターのTLを遡ってみると、あらあ、結構タイムリーな話題だったみたいです^^;
彼女のツイートの存在は知ってたけど、そんなに話題になっているとは思わなかった。
ちゃんと読み解けば、自分たちへの腹立ちと読めたのでそういう怒りなんだろうと思ったからかな。

しかし、あれを都合のいいように解釈して祭りにしちゃうネットってかなわないよね。
ただ、御自身の立場を考えれば、もっと配慮すべきなのは当然ですが。

アノ曲、鉄拳アニメの曲。。
あれだけ後ろ向きの歌詞を歌われたらちょっと辛い。
聴く人の心に引っかかると言う意味では大成功ですが、共感できる層は狭いと思います。
最後におうちへ帰るじゃない?
あれで子を持つ母親のWwなんかは、お帰りじゃなく引っぱたいてやりたいって言ってたし
更に大きな子を持つw私は、母と子ズブズブの関係やなって思った。
あれは優しさじゃないよ。ああやって引きこもりの子を許してがんじがらめになっている、長期引きこもりを持つ親子の現実を考えると、ストレート過ぎて辛い。
あれが続くと「親が長期引きこもりの子に願うのは、親より先に死んでくれ、世間に迷惑かけないうちに」という話になってくるんですよ。
実際、私の周りにはそういう事例が一杯あってですね、あのアニメの関係は良くないです。
で。。あれをやっちゃったんだからねえ。笑

ま、感想はそんなところです。


追記で拍手コメントお返事

続きを読む

PageTop

JAPAN NIGHT 2014.5.29 @国立競技場

うおーーっ、国立から帰ってやっとの一息だよ~~。

JAPAN NIGHTのL'さんを体験しに弾丸遠征してきました。
午前中は仕事して午後から新幹線で東京へ。
4時過ぎに到着、明治公園でまったりしているTか&Wwと合流、まったりに参加。
ライブ後、打ち上げる算段をしました。
そこへ去年ラルオタ忘年会でお知り合いになったKさんが訪ねて来てくれました。
お土産ありがとうございました。
忘年会の時に髪の毛の洗い方について話をしてて、私の話したことを実践して
髪質が変わってすごく良くなったと報告に来て下さりました。
大した話はしてなかったと思ったけど、役に立ってよかったです。
TかもWwも綺麗な髪の毛だと絶賛してましたよ^^、Kさん♪

二人はスタンド、私はアリーナだったので途中で分かれて入場。
席は右手巨大スクリーンの真ん中辺り、前から25列目。
ステージも花道もギリギリリアルに見える位置でした。
が、如何せん、私とステージの間には背の高い男の子が居て、ほぼスクリーンがお友達だった^^;。

最初は狼バンドさん。
やっと生のステージを観られて満足^^
マンウィズの音は好みなので全然問題なし。
周りの狼ファンの人と1、2、3、ガウッできた!!
スクリーンの映像が綺麗で見ごたえがありました。
メンバーがUPになってもオオカミさんは表情を変えないのでw音をしっかり聴けた。
楽しかったです。


2番手はセカオワさん。
普段からTVなんかで流れているのを聴いた限りでは
世界観が若くて、私らの世代ではどうかなあって観てたんですが
うん、どうかなあって感じでした^^;
歌詞が薄いというか、もっとボキャブラリが豊富だと伝わってくるものもあるのにって思っちゃった。
賛否両論の鉄拳さんアニメの曲も、SAYONARA国立ありがとうフェスでよく選曲しましたねって感じ。
今の10代には受けるんだろうなあ。
まだ、人生始まっていない子供の主張だよね。(厨二病?失礼w)
一つの曲の中で、ひとりでも寂しくない、ひとりじゃないんだ、仲間といると平気と矛盾した内容があり
その支離滅裂さが青くて若くていいのだろう。

しかし。。
今は感激しているファンも明日を夢見て人生始めて行くんだよ。
きっとこのバンドの世界観が必要じゃなくなってくるだろう。
バンドも次の段階に行って成長する?
それとも新たな10代が構ってくれるのを待つ?
若い一時期にしか経験できない鮮烈な青さ(自分も身に覚えがあるからねw)を
バンドスタイルとして保ち続けていられたらすごいって拍手できる。
どっちかな?

帽子被ってたギターの方がすごく頑張ってたね^^
ヴォーカルは、あの歌い方と加工した声はわざとだよね?
ごめんね。余りにもペラペラ過ぎて、カラオケルームとかでエコーかけまくりの歌下手な方を想像してしまった。
あ、周りはオオカミさんとパヒュームファンが多かったんだけど
後ろのラルクファンの方たちともみんな拍手も手拍子もして座ったりしなかったからね!
ネットでラルクファンは座りやがってというセカオワファンの声を見たので言い訳主張しとくっ!笑

3番手はパヒュームさん。

映像演出がすごかったーーーー!!!
3人がかわいいし!!
盛り上げ方も上手くて感心しました。
ちゃんと生で歌ってる曲もあったし、踊りもうまいし、女の子のファンも多いのも頷けた。

4年ほど前のサマソニで観たかったのに、そろそろ始まるなあって移動したら
まさかの入場規制がかけられて会場に入ることが出来なくて悔しい思いをしたときから
やっと念願の生Perfumeでした。満足~~w

そして大トリのL'さん。

いやあ、貫禄あり過ぎwww
セトリも十分考慮されてて、ファンでなくても圧倒される内容でした。
スクリーンに映るHYDEさんの美しさは相変わらずだし。
あの巨大なスクリーンに目だけのUPになっても耐えられるビジュアルは言うことありません。

曲も『CHASE』始まりで掴み、『BLESS』のイントロアカペラ、『XXX』の色っぽさ
ラスト『MY HEART DREAM A DREAM』で観客を巻き込んでの一体感は素晴らしかった。

『DRINK IT DOWN』ではスクリーンに殆どHYDEさんが映らなかった!
楽器隊だけのカメラワークってめずらしいよね。
でも、各メンバーがどんだけ本気で演奏しているのか手に取るようにわかって
ラルク知らない人にも素晴らしいアピールだったんじゃないかと思います。
ベースやギターの手元がUPになると、前席にいたパヒュームファンの男性が「すげえ・・」って息をのんでましたからね。
生ライブで演奏するってこういう事なんだよ。
そら、長いライブでは同期にした方がいい場合もあるけど
こんなフェスでは一発勝負頑張って勝たなきゃ!
そう言う意味ではラルクさんはスタッフも含めて見事にステージを制してました。

お約束通り、虹色テープも発射されて、虹色の風船も舞い上がり
国立最後のライブを飾る素晴らしい演奏だったと思います。

そうそう、途中でHYDEさんのエクステのひと束が白いアンテナのようにぴょこんと突っ立ってて
かなり可笑しくてずっと目で追ってました。

突っ走った演奏だったのでHYDEさんの声の出は完璧とは言えなかったですが
ちゃんと時間に終わらそうとMCも巻きなら演奏も巻きという十分大人な対応で
これがしっかり仕事のできる貫禄なんでしょう。

もう一つ可笑しかったことが。
規制退場で外へ出て人ごみの中を流れて行ってる時、
右側からラルクを初めて体験したグループが「HYDEの声ってすごいな。よく伸びるし、あの声量凄すぎ」って興奮して喋ってたんですよ。
そして、左側からドエルのグループが「今日、HYDEさん声出てなかったよね。あんなに少ない曲数じゃ喉も開ききってないし、やっと調子に乗ってきたところで終わっちゃったね。」ww
私、ステレオで(つまり同時に)これ聞きまして頭の中で大爆笑www
そうか。今日のHYDEさんを凄いって感嘆した人たちがベストのHYDEさんを聴いたら、どんな感想を持つのだろうね。
改めてHYDEさんの力を感じることができました。

終了してからは信濃町駅でTかとWw&娘ちゃんと待ち合わせて新宿へ移動。
西口の小さいイタリアンのお店で乾杯しました。
いろいろ感想を話し合ってたんだけど、セカオワにはやはり厳しかったなあ^^;

そうだ!この店のご主人(一人でやってた)が私たちの話を聞いて
私に京都からですか?って尋ねられたの。はいって返事したらまさかの京都出身の人だった。
しかも!!うちの家から自転車で10分圏内!!地元駅の喫茶店の話題まで出てびっくり。
遠い東京の地で頑張ってください。応援するよ。

帰りは24時発の夜行バスで。
今回、ちょっと贅沢なシートを取れたんだけどいやあ、楽だったーーー!
バス1台に座席数が16席のみ。そう16人乗りの大型バスって贅沢だよね^^
ゆっくり寝て帰れました。
早朝帰宅してシャワって、9時からの整体治療には間に合いました。
夜まで突っ走って仕事だったのでその日の夜は流石に疲れました。
でもこれくらい淡々と詰めて仕事やら何やらしている方が落ち着くわあ。

記念品。
Bo6_2mZIYAEK2x8.jpg


さて。。次の機会はというと。

うふふん^m^


アルコーヴですよ!
acidのalcove vol,07→ココ

これは羊さんじゃなくてacidだから遠征します。
チケット取らなきゃ!!

追記で各バンドのセトリ。
ともう一つ。各バンドのMCをまとめて載せてくれるサイトがあったので
ちょっとお借りしてそれも追記します。
これってライブ直後に私が感じたことでもあったので敢えて。。笑

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。