ラフィールの雑記

映画館で観た映画&家で観た映画

らるかじのが終わった翌日、お彼岸の墓参りで母子一緒だったんですが
その時の会話で息子が観た映画が私にぴったりだと薦めてくれました。

とにかく面白いから、SF好きにはたまらないし、きちっと作られてて
整合性もあるし、ラストのオチまでしっかりしてるからいいよと。
なんていう映画?
『インターステラー』っていうんだけど絶対観てみ!
最近映画館へ行けてないしなあ、インターステラーか、うん、どこかで見るわ。
と返事して、2,3日前にレンタルしてきました。

で、さっそく観始めたら。。。
あれれ?
これ観たことあるよ?
ラストも知ってる、うん。すっごい良かったよ。

でもどこで?いつ?

ちっとも思いだせないw

娘はわたしがその手の映画観るわけない!っていうし
息子に一緒に観た?って聞いてもいや行ってないっていうし。


じゃ、私はいつ観たんだ?(笑)
もう、老化現象ってこういうところから始まるのか?^^;

記憶がないままインターステラー観る。
うん、やはり面白い。
ハードSFに真っ向から挑戦して成功している稀有な作品です。



私の好きなガジェットが一杯詰まってて、かつ嘘っぽさがないのはすごい。
お気に入りは人工知能ロボットのデザイン。
もちろんブラックホールの描写も素晴らしい。
久しぶりに観てドキドキワクワクしました。


で、ここまでは家で観た映画。


ここからは映画館で観た映画の話。
そう、『進撃の巨人後編』を600円もw払って観てきました。

前篇観てそれなりに頑張っていたので、どう解決するか興味あったんだよね。
結果はすごい小物の作品になりましたww

笑いを堪えるために何度口に手を当てたことか(笑)

完全にネタ提供の世界。
いや、それなりに頑張っているからそれはそれでいい。

巨人の謎の解決策があまりにもよくありすぎで鼻白んでしまい
ラストの巨人バトルもウルトラマンと怪獣バトルそのまま。
あ、だから小物感なのか^^;

原作の諌山先生、漫画のほうはもうちょっと壮大に
そしてきちっと整合性を持って作品閉じてくださいね。

あ。あまり期待しちゃいけないんだったw
もともとそれなりの作品でした(爆)


というようにホント、私はSFが好きなんだよね。
同時期に荒くざっくりとした作りの邦画と極めて本格的に作られた洋画と観て
それぞれに合った楽しみを味わいました。


しかし、インターステラーをいつ映画館で観たんだろう??
最大の謎が残ったwww


PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)